ここから本文です

目的に合わせて選べる高機能素材

製造の現場で選ばれる素材

製造現場では生産効率改善のため、生産品質向上ためなど、過酷かつ多岐にわたる要望が存在しています。サンコーではそんな生産現場で選ばれる素材の開発・提供を行なっています。

金属部品の保管のために選ばれる素材

ゼラストコンテナ

従来さびやすい金属の部品の保管には、大量のグリースや防錆剤を使用していました。しかし、これらの方法は塗布作業、油きり・ふき取り作業が発生し、多大な労力とコストを伴う工程が必要となります。また、作業環境の悪化や作業者の健康への影響が懸念され続けていました。

メリット

製造コストの大幅削減と労務改善

ゼラストコンテナに練りこまれた気化性防錆剤がコンテナ表面より気化し、大気中の水分子と結合します。この結合により不均衡電位の発生を抑え、錆を抑制します。
ゼラストコンテナはグリースや防錆油を全く使用することなく、金属製品を長期間錆から守ります。

  • ※使用開始後約3年間を試用期間の目安としてください。
  • ※作業時に手袋などを使用して、製品に指紋などの汚れが付着しないよう注意してください。
  • ※使用時は、必ず最上部の製品に蓋をしてください。

電子部品の保管のために選ばれる素材

導電素材の製品

従来のプラスチック製通い箱は、プラスチックの特性上静電気が蓄積しやすく、電子部品等の静電気破壊の原因となっていました。サンコーの導電性の素材で成形することで、ホコリや静電気にも強く、耐久性の高い製品を実現できました。

メリット

低い電気抵抗
2点間の表面抵抗値が10の6乗Ω/cm以下です。したがって静電気破壊及びホコリの付着を完全に防止します。
優れた除電効果
導電層が表面だけでなく、樹脂全体にわたっているため、帯電防止とともに静電除去効果があります。
性能が半永久的
材質はポリプロピレン自体に導電剤を特殊配合したものです。したがって、表面をふき取ったり、洗浄したとしても性能に変化が生じません。
環境に強い
温度・湿度の影響をほとんど受けません。

施設の防火安全対策のために選ばれる素材

FRパレット

難燃性のプラスチック素材を使用することで、施設の防火やそれにともなうコストダウンもはかれます。サンコーでは難燃素材のFR(Fire Rresistance=難燃性)パレットシリーズをご用意しています。

メリット

  • 材質に難燃を使用し燃焼試験区分を実現
  • ラック式倉庫で使用する場合、消防法に規定するスプリンクラーヘッドの設置数量を減らすことができる
  • 高剛性材料の使用で、軽量かつ高強度のパレットを実現
  • 当社従来パレットと同様にリサイクルが可能

難燃性樹脂素材の製品

過酷な使用条件に対応するために選ばれる素材

HGタイプパレット

HGシリーズは特殊強化PPを採用することにより著しい剛性UPを果たしたパレットです。その優れた剛性は自動倉庫などのより過酷な使用条件に最適です。

高剛性素材の製品

ページ上部へ

清潔さを求めて選ばれる素材

医療現場、食品加工現場では、近年ますます衛生に関する目が厳しくなりつつあります。
サンコーではそんな清潔さを求められる現場で選ばれる素材の開発・提供を行なっています。
例えば直接食品を入れる器であれば、安全基準をクリアした抗菌素材が選ばれています。

菌の繁殖抑制

食中毒で取り立たされる病原性大腸菌O-157などの細菌類が原因となる被害は毎年多く報道されています。そして、その被害は深刻なものになっており、対策は急務となっています。
またHACCP(食品の安全性を確保するため食品の生産から消費に関する全ての段階において、記録、保管する一連のシステム)と呼ばれる食品管理システムの導入は食品業界では常識になりつつあります。その対策として、菌の繁殖を防ぎ、人に優しく安全な抗菌剤入りの製品をご紹介します。

下記規格の抗菌剤を使用しており、食品を直接入れる容器への添加剤として高い安全性をお約束します。

  • 米国FDA(食品薬局庁)認可(認可番号FCN000047登録)
  • 合成樹脂製の器具または容器包装の材質別規格(昭和34年厚生省告示370号適合)

JIS規格試験(JIS Z 2801)

菌種 大腸菌 黄色ブドウ球菌
初発菌数 2.0×105 3.1×105
抗菌剤
無添加品
(プランク)
1.3×107 1.1×105
抗菌剤 0.3%
添加品
<10
抗菌活性値 6以上
<10
抗菌活性値 4以上
抗菌剤 0.3%
添加品
(浸漬試験後)
<10
抗菌活性値 6以上
<10
抗菌活性値 4以上

抗菌活性値:抗菌剤無添加品と添加品の菌の増殖個数の差の対数値で表した値。
→JIS Z 2801では2以上あれば抗菌性能があると規定されています。

試験機関:(社)京都微生物研究所

  • ※製品表面に汚れが付着していると効果が発揮しにくいため、無加工品同様洗浄の必要があります。
  • ※色相が若干変化することがありますので、ご注意願います。(色相により差が出ます)

ページ上部へ

地球環境に配慮して選ばれる素材

バイオプラスチック

バイオプラスチック製品

トウモロコシ、サトウキビなどの生物資源(バイオマス)を由来に製造され、コンポスト中の微生物のはたらきによって分解される循環型対応プラスチックです。

サンコーでは日本で初めてバイオ原料55%の製品を発表しました。
現在は、スーパー篭、サンショップカーゴ、飲料容器回収箱サンクリーンボックス、そしてパレットなどが製品として開発されています。
また、イオン株式会社が導入したサンショップカーゴは、世界最大の認証機関であるスイスの民間認証機関SGS SA(Societe Generale de Surveillance)と、アメリカのNPO基準管理・審査・認証機関UL(Underwriter Laboratories INC)の、2つの認証機関にバイオプラスチック商品の認証取得に向けて申請を行い、平成25年1月に日本で初めて取得が認められました。
認証可能なバイオプラスチック製品を製造できるのはサンコーだけです。

  • 燃焼時の燃焼カロリーは、PPの約半分(4500kcal/kg)と低く、焼却炉を傷めにくく、また有毒ガスの発生もありません。
  • 特定の温度、湿度の環境において微生物が、樹脂を加水分解し最終的には炭酸ガスと水に分解されます。
  • 厚生省第370号に適合、食品安全性に優れています。

※バイオベース生分解性プラスチックの製品は、受注生産品となります。詳細は弊社営業までご相談ください。

お問い合わせ

サンコーの多種多様な製品についてはこちらからお問い合わせください。

  • お問い合わせ
  • カタログ請求
  • 製品検索
    • 製品名・カテゴリから検索
    • スペックから検索

サンコーが選ばれる理由


ページ上部へ

ここからフッター情報です

三甲グループサイト・関連サイト
パレットやコンテナのレンタル三甲リース株式会社外部サイトへリンクします
個人のお客様への製品販売サンコー楽天サイト外部サイトへリンクします
高級羊毛の研究開発及び販売三甲テキスタイル株式会社外部サイトへリンクします