ここから本文です

バイオプラスチック

バイオプラスチックは、トウモロコシ、サトウキビなどの生物資源(バイオマス)を由来に製造され、コンポスト中の微生物のはたらきによって分解される循環型社会対応プラスチックです。

地球温暖化防止の切り札、バイオプラスチック

地球温暖化防止につながる環境にやさしい原料

生物資源を原料とするバイオプラスチックは、製造過程での石油などの化石燃料の節減や、それに伴う温室効果ガス(主に二酸化炭素)の排出の低減により、地球温暖化が防止できる環境にやさしい原料として注目されています。
燃焼時の燃焼カロリーは、プラスチックの約半分(4500kcal/kg)と低く、焼却炉を傷めにくく、また有毒ガスの発生もありません。

地球環境にやさしい次世代エネルギーの活用

CO2の上昇の抑制と、化石燃料の消費削減

地球温暖化防止は、世界的な課題です。そのために、日本でもバイオ技術を駆使して生まれた再生可能資源であるバイオマスの活用の推進を目指しています。
中でも、植物などのバイオ資源の利用拡大は地球温暖化防止の切り札ともされています。

化石燃料は燃やせば温室効果ガスの1つであるCO2が発生しますが、元々地上にある生物から作られているバイオ資源は、燃焼によってCO2が排出されても大気中のCO2を増加させない「カーボンニュートラル」という特性があります。
ここが、バイオマスが地球環境にやさしい次世代のエネルギーとして注目されている点です。
これまでは石油資源からしか作ることができないとされていたプラスチックを、植物を原料に生産し、その利用が拡大できれば、大気中の二酸化炭素濃度の上昇を抑え、地球温暖化防止に大きく役立ちます。また同時に、化石燃料の消費の削減もできるのです。

世界の二大認証機関で、認証を取得

認証の共通規格化による認知度向上、市場拡大

現在、バイオマス素材の市場が拡大する一方で、その認証については、国や地域、自治体、認証機関ごとに異なる基準が存在しており、認知度向上や市場拡大の課題の一つとなっています。

そのような中で、認証制度が進む欧米間での摩擦を無くし、国際的な共通規格の利用促進を図るため、ヨーロッパを中心とした世界最大の認証機関であるSGS SA(Societe Generale de Surveillance)と、アメリカのNPO基準管理・審査・認証機関UL(Underwriter Laboratories INC)が、共同で規格の統一に取り組む動きがあります。

唯一のバイオプラスチック製品認証取得可能メーカー、サンコー

サンコーでは日本で初めてバイオ原料55%の製品を発表しました。
現在は、スーパー篭、サンショップカーゴ、飲料容器回収箱サンクリーンボックス、そしてパレットなどが製品として開発されています。

以前より環境負荷軽減に努めるイオン株式会社が導入したサンショップカーゴは、前述のSGS SAとULの、2つの認証機関にバイオプラスチック製品の認証取得に向けて申請を行いました。 平成25年1月、サンショップカーゴは世界で初めて2機関の認証取得が認められ、現在グループ約1300店舗で展開されています。

このような認証可能な製品を製造できるのは、サンコーだけです。

企業の地球環境への取り組みはこれからますます重視されていくことでしょう。
今後もサンコーはプラスチックで物流を支えるリーディングカンパニーとして、
バイオプラスチックの分野でも先進的な取り組みを予定しています。

お問い合わせ

サンコーの製品・サービスについてはこちらからお問い合わせください。

パレットやスーパー篭など、環境にやさしいバイオ原料を使用した製品のご提案はサンコーにお任せください。

  • お問い合わせ
  • カタログ請求
  • 製品検索
    • 製品名・カテゴリから検索
    • スペックから検索

改善事例・物流レポート


ページ上部へ

ここからフッター情報です

三甲グループサイト・関連サイト
パレットやコンテナのレンタル三甲リース株式会社外部サイトへリンクします
個人のお客様への製品販売サンコー楽天サイト外部サイトへリンクします
高級羊毛の研究開発及び販売三甲テキスタイル株式会社外部サイトへリンクします