三甲株式会社 新卒採用サイト

  • エントリー
  • 説明会情報
  • 採用お問い合わせ

プラスチック物流機器とは? サンコーの物流機器

産業界でも私たちの暮らしの中でも、欠くことのできない大切な仕組みである物流。物流現場には、課題や問題点が山積しています。もっと効率よく運びたい。壊れないように汚れないように運びたいなどなど。
運ぶモノの大きさや形にフィットして、物流状況に合った最適な物流機器を上手く使用すれば、それまでかかっていたコストやリスクを大きく低減し、商品の価値を保ったまま合理的に目的地まで運ぶことが出来る。これが物流機器に対するカスタマーからの期待であり、物流機器の役割なのです。世の中にモノがある限り、モノが動く限り、活躍のフィールドは常に存在し、広がり続けるのです。

あらゆる業界で求められる物流をサポートする製品総数は10,000アイテム

世の中には、数え切れないほどのモノの種類があります。さらに新しいモノが日々、続々と生み出されています。そのモノにはそれぞれに物性があり、形も重さも大きさもそれぞれ異なります。さらにモノは必ず運ばれますから、その時には運び方も、保管の仕方も、気をつけないといけない事もそれぞれ異なるので、モノを運ぶ物流機器には、非常に多くのバリエーションが必要とされます。サンコーがこれまでに開発した製品の総数は、実に10,000アイテムを数え、この他社を圧倒する製品ラインナップで、幅広い物流ニーズに応えています。

あらゆる業界で求められる物流を根底からサポートする製品総数は業界最多の10000アイテム

進化し増え続ける物流機器。業界No.1のアイテム数もサンコーの強みです。

私たちが創った製品はこんなところで活躍しています。

物流機器の活躍するフィールドは、業界業種を問いません

無限の可能性を秘め、今も進化を続けるプラスチックを用いて

物流機器といえば、その昔は木や金属、紙などの素材が当たり前とされていました。サンコーは、プラスチックが国内で生産が始まったとほぼ時を同じくして、当時未知の素材であったプラスチックに着目。以来半世紀におよび、この素材にコツコツと取り組み、ノウハウを蓄えてきました。プラスチックは、もともと他の素材に対して、多くの特長があります。軽くて丈夫、腐らない、錆びない、着色性や透明性やリサイクル性も長けています。複雑なカタチでも、精度の高い均一の製品を短時間で容易に作ることもできます。そして今もなお、合成素材であるプラスチックは、日々進化を続け、弱点がどんどんと克服されている、無限の可能性を秘めた素材といえます。 そんなプラスチックの特長を最大限に生かし、物流機器のプラスチック化に長年挑戦をして、今の当たり前を創造したパイオニアがサンコーです。これからも、物流機器の進化と深化に挑戦を続けて行く事は勿論のこと、進化を続けるプラスチックと、サンコーの卓越した成形技術を生かして、物流機器以外の分野にも果敢に挑戦。これまでプラスチックでは不可能と思われていた新たなマーケットの創出にも余念がありません。

Copyright © SANKO Co.,Ltd.