三甲株式会社 新卒採用サイト

  • エントリー
  • 説明会情報
  • 採用お問い合わせ

プラスチック物流機器とは? サンコーの挑戦

収穫だけでも、配送だけでもない。少しでも早くお届けするために。

農家から消費者の元に届くまでをトータルで考えた規格。生産者から流通業者、小売店から消費者まで、関わる人全てに喜ばれる製品をご提案しています。

課題・背景 詰め替える間にも鮮度は落ちる

農家から市場、市場から配送センター、配送センターから小売店。こうして収穫された青果物は皆さんの手元に届きます。保管する場所や運ぶモノにあわせた商品の詰め替えは、作業者の負担が大きい上に包装資材を多く消費します。また、何よりも青果物を傷めたり、せっかくの鮮度を落としてしまう原因になっています。

サンコーが成し得た事柄 農家から小売店まで一貫した規格の導入

青果を収穫する人、お店まで配送する人、消費者に販売する人が同じハコを使う。こうすることで、詰め替え作業をなくし、より早く、より新鮮な青果を消費者のところまで届けることができます。

具体的製品・アイディア

詰め替え作業がなくなる2つのメリット

詰め替え作業が無くなるから、時間が短縮でき、より鮮度の高い商品をお店に届けることができます。また、作業が無くなれば、今まで詰め替えにかかっていたコストを見直すこともできます。

リターナブルでエコなハコ

今までのダンボールを用いた商品配送では、使用したダンボールは使い捨てです。毎回多くのごみが発生する上に、開梱や廃棄のコストも高くなります。
プラスチック素材のハコであれば、小売店で使用されたハコは農家に戻し、何度でも使うことができます。

アイディアと実現力で難題に挑む。

モノが運ばれる様々な場面で活躍するサンコー製品たち。
一見単純なハコですが、製品に込められた、様々な難題を解決する様々なアイディアや工夫を紹介いたします。

Copyright © SANKO Co.,Ltd.