三甲株式会社 新卒採用サイト

  • エントリー
  • 説明会情報
  • 採用お問い合わせ

プラスチック物流機器とは? サンコーの挑戦

「運ばないとき」を考えて運ぶモノを作る。プラスチックだからできた流通革命。

コンビニやドラッグストア。どんどんモノの価格がディスカウントされて便利になっています。なぜ、そんなにモノの価格が下げられるのでしょう?トラックの荷台サイズは昔からそれほど変わっていません。その理由は、商品を入れて運ぶハコそのものにあったのです。

課題・背景 輸送原価の壁

輸送費の半分は空気を運ぶ代金―。輸送原価のネックは実は、商品を運ばないときの問題が多いのです。商品の届け先で荷おろしした後には、空になったトラックが戻ってくる費用、商品を入れていた段ボール箱や木箱の処理。それらのコストが商品ひとつひとつの値段に上乗せされ、企業の利益を圧迫してしまうのです。

サンコーが成し得た事柄 「運ばないとき」の効率を最大限に追求

物流過程のムダを省くために、モノが運ばれないときのあらゆるシーンに注目し、問題解決する製品を開発しました。
・ プラスチックなのに折りたためるハコ
・ 商品がはいっていないときは、重ねたハコの高さが低くなる不思議なハコ
これにより、商品を取り出したハコをストックするスペースの削減や、戻りのトラックで運ぶ空箱のボリュームを大幅に減らすことでの運送効率化が実現され、空箱の保管コストも圧縮。コンビニやドラックストアを初め多くの業界のコスト削減に貢献しています。

具体的製品・アイディア

プラスチックなのに折りたためるハコ

段ボール箱の折りたためる特性をもち、プラスチックだからこその強度もある「オリコン」。ツーアクションで簡単にたためて、厚さはなんと1/5以下に。その上何度でも繰り返し使える画期的なコンテナーです。

商品が入っていないときは、
重ねた高さが低くなる不思議なハコ

同じハコなのに、重ねる向きを変えると、高さが半分になる「スタッキング(段積み状態)ネスティング(収納状態)コンテナー」。2色の方向を変えるだけで、同じハコなのに重ねた高さがかわるトリックは、ちょっとしたハコの形にあるのです。また、2色で成形することで、視認性と作業性を飛躍的に向上させてもいます。

アイディアと実現力で難題に挑む。

モノが運ばれる様々な場面で活躍するサンコー製品たち。
一見単純なハコですが、製品に込められた、様々な難題を解決する様々なアイディアや工夫を紹介いたします。

Copyright © SANKO Co.,Ltd.